一生に一度の体験

 ブライダルフォトといえば、お二人がポーズを取って並んだ写真や、ご出席者全員の記念写真のようなものを連想しがちですよね。しかし、ご結婚されるお二人にとっては、結婚式は一生に一度きりの非日常的な体験なんです。それを後からいつでも追体験していただけるような、トータルなドキュメントとしての写真を撮りたい — そう考えたのが、イースターエッグ設立のきっかけです。
 そのために、何よりもお客様との打ち合わせに重点を置き、またフォトグラファー担当制を採っています。お客様のご希望をなるべく早い時期にヒアリングし、またそれを叶えられるように撮影プランを組み立てていくためです。
 個々のお客様からいただくご要望や確認事項は、細部まで含めると膨大になります。さらに撮影データそのものも、一件のお客様につき数GBもの容量にのぼります。そうした情報や撮影データを、個々のフォトグラファーとオフィスとの間でスムースに共有するには、インターネット上のオンラインストレージを利用するのが最も効率のよい方法だと考えたわけです。
 ところが、写真の世界もデジタル化が著しいとはいえ、フォトグラファー全員がコンピュータに詳しいわけではありません。専用ソフトを必要とするようなサービスでは、操作の失敗で大切なデータを失うことにもなりかねません。
 自分のパソコンの中のデータを操作する感覚で使えるサービスはないものか — そう考えていたときに見つけたのが、MacServerだったのです。


私がMacServerを選んだ理由
 MacServerを選んだ第一の理由は、何といっても操作の簡単さですね。いったん接続してしまえば、あとはFinderでローカルのファイルを操作するのとまったく同じ要領でデータをやり取りできますからね。送ったはずのデータが送られていなかった、誤って既存のファイルを削除してしまった、などといったトラブルも減りました。
 次に、ストレスのなさ。やり取りするデータ容量はGBオーダーになりますから、デジタルフォトを取り扱う者にとっては非常に重要なポイントです。 MacServerの試用サービスに登録してすぐに、500MBほどのデータの送受信にトライしてみたのですが、速度面ではほとんどストレスを感じませんでした。
 価格的にもお手ごろだと思います。試用期間は10日間あるのですが、1日試用してみて、即決しました。弊社のフォトグラファーにも、そもそもMacユーザが多いこともあって、大好評です。Macを持っていないスタッフには「これを機にMacにしろ」と言ってます(笑)。

笹倉猛見(ささくら たけみ)
婚礼スタジオ勤務からフリーランスを経て、2003年に株式会社イースターエッグを設立。ブライダルフォトに特化したオフィスとして、東京および近県のホテル・結婚式場での写真撮影を手がける。撮影前のフォトカウンセリング・撮影内容のプロデュース・一枚一枚手焼きのプリント・インターネット活用によるコスト削減など、「すべてに妥協しない事」をモットーにした仕事内容で評価が高い。また、ブライダルプロデューサー養成スクール講師も勤める。


Bridal Photo Service - EasterEgg
http://www.easteregg.co.jp/

 

ページTopに戻る