機能・特徴

シンプルな
操作性
簡単接続
サブアカウント
ファイル便
ファイル
更新通知
専用アプリ
Windows 対応
Web 公開機能
高い安全性
安心サポート

シンプルな操作性

Finder 接続で快適に

MacServerの最大の特徴は全ての操作を直感的に行えることです。
普段お使いのインタフェースのまま、ドラッグ&ドロップのファイル操作で
利用可能です。
普段使い慣れている Finder を使って、 ドラッグ&ドロップ、ラベルなど全ての機能が利用できます。
操作は直感的。新たに操作を覚える必要はなく、まるで外付けハードディスク感覚です。

Cover Flowやラベル、ファイルのコピーなども普段通りにお使いになれます。

簡単接続

ワンクリックでサーバに接続

MacServer では様々な接続方法をご用意しております。
環境に合わせてご利用いただくことによって、よりスムーズなデータの受け渡しが可能になります。

Mac OS では Finder 接続、Windows OS ではネットワークフォルダ共有による接続で、普段ご利用のパソコンの操作性そのままで簡単に接続できます。FTP 接続ではクライアントソフトを利用して接続できます。ブラウザ上からは、ファイル操作はもちろんファイル便などの機能をご利用いただけます。

サブアカウント

円滑なデータ共有に

マスターアカウントとは別にサーバ内にサブアカウントを作成できます。
サブアカウントを使用すれば、お取引先ごとにフォルダを振り分けることも可能です。
サブアカウントからは、マスターアカウントフォルダや別のサブアカウントフォルダにはアクセスできないため、安全にファイルのやり取りができます。

ファイル便

安全で簡単にファイル送信

MacServer にアップロードされているファイルのダウンロードアドレスをメールで通知できます。 メールで直接データを送るよりも大容量のデータを安全で簡単に送信できます。
ファイル便ではデータを直接送るメールとは違い、MacServer にアップロードされたデータのダウンロード URL を相手に通知することで、ファイルを受け渡すことができます。
一度 MacServer を経由することによって、高速での送信が可能です。もちろん一般のアドレスにも送信が可能です。(送信容量は2GBまでの制限がございます。)

また開封パスワードや、ダウンロード期限などを設定できるため、安全なデータ送信が可能です。

ファイル更新通知

メールで自動通知

ファイルがアップロードされたり、変更された際にメールで通知できます。お取引先にアップロード完了連絡をしてもらう手間を省けます。
取引先と頻繁にデータやり取りをしているとき、何度もデータの確認を繰り返すのは手間がかかってしまいます。ファイル更新通知を使えば、MacServerにファイルがアップロードされたり更新された時に、自動的にマスターアカウントに確認メールを通知できるため、データ受け渡しのミスを減らすことが可能です。
※ファイル更新通知機能では Apple社 の OS 機能を利用しておりますが、仕様により、ファイルの更新を検知できない場合がございます。あらかじめご了承ください。

専用アプリ

いつでもどこでもアクセス

デバイスに合わせた専用アプリで MacServer へのアクセスが可能です。

iPhone アプリ

iPhone から MacServer 上のファイルにアクセスできるようにする専用アプリです。 ファイルの閲覧はもちろん、ファイルをメールに添付して送信したり、画像ファイルをカメラロールに保存できます。
デバイス上に保存すると、ネットワーク環境が無い場所でもファイルの閲覧等が可能です。iTunes を使って Mac/PC と iPhone 間でファイルの移動やコピーも可能です。

対応:iOS4.0以上、Wi-Fi推奨

Mac アプリ

Mac のシステムトレイに常駐し、いつでもすばやく MacServer にアクセスできる便利な専用アプリです。ワンクリックで Finder 接続や接続解除、ユーザページでのアカウント管理ができるほか、現在のプランや使用容量、契約日数が簡単に確認できます。

対応:Mac OS X 10.5以上 intel

ユーザページで
ダウンロード

Windows 対応

幅広いユーザーに

MacServer は幅広いプラットフォームに対応しています。クライアントと使用している OS が違っていてもスムーズにデータの受け渡しが可能です。
ネットワークフォルダ共有の設定を行っていただくことで、エクスプローラからファイルの移動、コピーを簡単にご利用いただけます。

Web 公開機能

サイトの作成、データの確認に

MacServer ではサーバにアップロードしたデータをインターネット上に公開できます。
MacServer の契約ディスク内にデフォルトで作成されている「Sites」というフォルダを利用することで、Web 上でのファイルの公開を簡単に行うことができます。ファイルを「Sites」フォルダに配置し、URL を相手先に伝えれば、URL 先にジャンプするだけでサーバ側が実行アプリケーションを判断し、クライアント側で自動的にファイルが実行されます。相手先にファイルの内容の確認作業を依頼する際などにこの機能を利用すれば、スムーズなやりとりができます。

※ 独自ドメインでのご利用につきましては、2016年1月29日をもちましてサービス提供を終了とさせていただきました。詳細はこちらをご覧ください。

高い安全性

ビジネスレベルのセキュリティ

現在、個人情報保護や、情報セキュリティーについての対応が望まれています。MacServer ではそれに対応した様々なサービスがご利用いただけます。

データセンター管理

MacServerは入退室管理、警備員巡回、ITV カメラによる24時間監視、空調設備、防火システム、停電対策、耐震構造が導入されている都内のデータセンターを利用しています。

暗号化技術

MacServer は、Finder 接続を完全に暗号化致しますので、セキュリティ面に関しても安心してご利用になれます。また、各アカウントのパスワードの変更はユーザページからオンラインでいつでも変更可能です。ユーザページを介したユーザ様の登録情報に関しましても、暗号化通信を使用致しますので、安心してサービスをご利用になれます。

ウィルスチェック

Professional プランのオプションサービスです。MacServer上のお客様領域全てを、基準時にウイルスチェックをいたします。ウイルスを検知した場合には、マスターアカウントのメールアドレス宛に感染しているファイル名をお知らせいたします。

バックアップ

MacServer 上のお客様データ全部をバックアップします。万一の災害や機器の故障、人為的な操作ミスによるデータ消失のリスクを削減します。バックアップの復元をご希望の場合は、弊社にご連絡いただければすぐに対応させていただきます。

サポート

メール、電話対応

Standard プランではメール、Professional プラン、Enterprise プランではメールと電話によるサポートを行っております。
お問い合わせは、こちら

あなたにぴったりのプランを見つける

プランを比較
ページTopに戻る