MacServerを使うことで制作活動に専念できる

 わたしたちメディアオーケストラは、総合的なアートコンサルタントをしている株式会社クリエイトライン(東京)と、デジタル映像やWEB制作を主体とした広告プロデュース会社クオーレ(名古屋)との共同プロジェクトチームです。
 IT革命以後、1台のパソコンの持つ潜在能力は飛躍的に高くなり、ペインター、フォトグラファー、ミュージシャン、映像作家等全てのアーティストが自らの手で制作から配信までできる時代になりました。しかし、マルチメディアを使い自分たちのツールとしてパソコン(デジタル機器)を使いこなすアーティストは、まだまだ多くありません。私たちメディアアートオーケストラでは、メディアと伝統的なアートを融合させ、本当の意味でのメディアアートを作り出す事を目的に活動しています。


私がMacServerを選んだ理由
 私の事務所は名古屋と東京および長崎にあり、打ち合わせのために頻繁に東京に来ているのですが、受け取ったデータを各部署に持ち帰るまでの時間的なロスや手間といった問題をなんとか解決したいと常々思っていました。一時は自分たちでサーバを構築することも考えましたが、サーバを用意する手間暇や、サーバを管理できるスタッフを雇う人件費を考えると本末転倒になってしまいます。そんなときMacServerを見つけ、ちょうど自分が欲しかったサービス内容でしたので使い始めました。

 MacServerは申し込んですぐに利用でき、操作も非常に簡単なので、Macを使っている人なら特に説明も要らずに使うことができます。メンテナンスやトラブル時の対策を考えると、こうしたサーバーサービスは専門業者にアウトソーシングすべきだと思いますね。

 MacServerは出先でインターネット環境さえあれば使えるのでありがたいです。私の場合、受け取ったデータは現場のインターネット環境を利用してすぐにMacServerにアップロードし、名古屋の制作スタッフへ受け渡してしまいます。また、出先では必ずしもMacがある環境ばかりでは無いので、Windowsでも使えるのは非常に助かります。

 MacServerのようなツールを利用することで、アーティストは自分の作品制作に集中できますし、我々もまたアーティストのサポートに集中することができます。これからもMacServerを介して、想いを共有出来る人と一緒に仕事をしていきたいと思っています。

伊藤 一心 (いとう いっしん)

有限会社クオーレ取締役。グラフィックデザインやWEBサイトデザイン業務に携わる。また、専門学校で音楽・映像クリエイターやドッグトレーナー等のECO学科向けITの授業を担当している。

ペットの文化を確立する為の情報サイト「愛ラブペット」も運営している。

 

ページTopに戻る