Windows で接続できない(SMB)

Windows の SMB 接続に対するセキュリティ設定の影響により、SMB 接続ができない場合があります。
下記設定変更を行うことにより、 SMB 接続が可能となることを確認しております。

ポート制限により接続ができない場合も考えられるため、まずはこちらでポートが制限されていないか、ご確認頂きますようお願いします。
それでも解決しない場合は、下記設定を変更ください。
エディションにより、変更方法が異なりますのでご注意ください。

 

なお、 Windows7 Home Premium の場合は、レジストリを直接変更して頂く必要がございます。
レジストリに変更を加える作業は、何か間違いがあった際、システムに重大な問題を発生させる場合がございます。

お客様にてレジストリ変更作業を行う際は、上記の点を踏まえた上でご判断頂けますようお願い申し上げます。

 

 

Windows10 ・ Windows7 【Professionalでの設定方法】

  1. スタートボタンをクリックし、プログラムとファイルの検索項目にて下記を検索します。
    一致する項目が表示されたら、エンターキーを実行します。secpol.msc
  2. 表示されたプログラムを選択し、実行します。
  3. ローカルセキュリティポリシー画面が表示されます。
    画面左に表示される項目より、「ローカルポリシー」 > 「セキュリティオプション」 を
    選択し下記項目をダブルクリックします。

    ネットワークセキュリティ:LAN Manager認証レベル

  4. プロバティ画面にて、「ローカル セキュリティの設定」において
    「NTLM応答のみ送信する」に変更します。


Windows7 【Home Premiumでの設定方法】

  1. スタートボタンをクリックし、プログラムとファイルの検索項目にて下記を検索します。
    一致する項目が表示されたら、エンターキーを実行します。regedit
  2. 起動したレジストリエディターで、左に表示される項目より以下「Lsa」までたどります。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Lsa
  3. 「Lsa」を選択した状態で、レジストリエディターのメニューバーから
    [編集] > [新規] > [DWORD (32ビット) 値(D)] を選択します。
  4. 作成された新規ファイルの名称を「LmCompatibilityLevel」へ変更します。
    既に同じ名称のファイルが存在する場合は手順 5 に進みます。
  5. 作成した「LmCompatibilityLevel」をダブルクリックします。
    表示された編集画面 > 「値のデータ」にて 2 を入力します。